キャッシングの解約は家族バレのリスクがあるが契約書の返却が重要!

カードローンやフリーローンなどは、一時的に現金が必要で契約し、完済後は全く利用しないということもあります。

新たなローン契約に影響しないように解約するのはメリットであり、万が一に備え契約書の返却は重要です。

過剰な金額を返済していた、個人信用情報に誤った情報が登録されていた、もしくは情報が更新されないままということがあり得ます。この際に、契約書が返却され手元にあれば証拠になります。

また、貸金業者に情報の訂正も要求出来ます。契約書の返却により、家族にバレるというリスクはあるものの、既に完済、解約していれば不安に考える必要はありません。

むしろ、個人信用情報に誤った情報が残っていて、住宅ローンや自動車ローン、教育ローンが契約出来なくなるよりはマシなことと考えるのがおすすめです。