なぜ銀行は総量制約の対象外なのか

キャッシングによる自分にとっては、ちょっとびっくりの行かないのが総量抑制が貸金社にのみ適用され、銀行には適用されないということです。もともと総量抑制が導入された理由は以前に社会問題になっていた多重債務ヤツマイナスを無くす結果ということですから、銀行にも総量抑制を導入してもいいはずです。多重債務ヤツマイナスがサラ金が中心であったのは否定できない実質ではですが、なぜ銀行法にも総量抑制を導入しないのでしょうか。
銀行は審査が辛いので多重債務などのマイナスは出てこないと考えていることもわからないではありませんが、でも法的に総量抑制を導入すれば確実に防げるので貸金業法だけでなく銀行法にも総量抑制を序説するであったと思います。