銀行カードローンのメリットを引き出すためには?

銀行カードローンは、消費者金融のカードローンに比べ、金利は低くなっています。ですが、銀行を利用するメリットはその他の商品と組み合わせることで金利優遇があることです。
例えば、給与振込口座の保有、定期預金の契約、銀行のクレジットカードや公共料金の支払だけで約2%の金利優遇を受けられるものがあります。
約2%の引き下げは審査で下げることは難しいため、カードローンを検討する際は金利優遇サービスの有無をチェックすることが重要になります。

メガバンクや都市銀行系のカードローンは、サービス面で充実しておりメリットがあるように思われるものの、地方銀行のカードローンは実際に利用して受けられるメリットもあります。特に主力商品のカードローンではないもので、優遇サービスが設定されているケースもあるため、銀行ホームページは隅々までチェックするのがポイントになります。