審査と融資額について

消費者金融とキャッシングの審査はどれくらい違うのか?と考えたことがある人は多いでしょう。やはり消費者金融というと、字面が固いということもあって、厳しい審査が行われているのではないか、と感じる人が多いようです。

しかしながら、実際にはどちらも同じような審査をしていて、お金をしっかり稼いでいて、過去に返済のトラブルが無かった人であれば、かなりの確率で審査は通るようになっています。

では、この審査はどのような内容なのかというと、基本的には収入証明書を元にした融資の可否を決めるための審査と、融資額を決定する審査があります。まずは、キャッシングなどの借りたお金を期日までにしっかり返済できるのか?という部分の審査が行われます。

これは、収入額が非常に大きなウェイトを占めます。やはり、収入が低いと返済が滞りやすいというのは統計的に出ていますので、最初のうちは融資額を低めに設定して様子を見るということがよく行われます。

真面目に働いているので大丈夫です、と自己アピールをしたい気持ちも分かるのですが、キャッシング会社は個々の動機に関して忖度をすることがありませんので、収入額を元にシビアに融資ができる金額が決定されるわけです。

借り入れ業者が多いならおまとめローンがオトク

多くの消費者金融の業者で借りていると困ることがいくつかありますね。

1つは返済日が月に何度もあるということです。返済日を忘れないようにしっかり自分で管理をしなくてはいけません。

2つ目にはそれぞれの業者に返済するために月の支払額が大きくなるということです。3つ目にはそれぞれの業者に支払う金利が高いということです。

この困ったことがおまとめローンを利用すると解消されることになります。

おまとめローンはその名の通り、ローンの1本化ができるローンです。

キャッシングの金利は業者にもよりますが借り入れ額が大きいほど金利も低くなる傾向にあります。

つまり小口で何社も借り入れするより、一社でどんとまとめて借りたほうが金利は低くなります。

また月々の返済額も何社も借りていると、その分返済額も多くなります。その業者により最低返済額が決まっていますので、どれだけ返済がきつくてもそれ以上下げることができません。

ですが1社にまとめることで月々の返済額の負担を減らすこともできるのです。

返済額をそのまま維持していくことが出来れば、金利が下がった分元本の減るスピードも速くなります。

返済日もおまとめローンにすれば月に1回ですからお金の管理もしやすくなります。

金利も減り、月々の支払額も減らすことが出来れば、浮いたお金で貯蓄したり次の返済に計画的に備えることもできます。

消費者金融と銀行系のキャッシング

キャッシングにおいて、ほとんどの会社に該当する区別の仕方が消費者金融と銀行系のキャッシングという区別です。両者ともにそれぞれ特徴を持っているので、どんな特徴の違いがあるのかを抑えておきましょう。

まず消費者金融系のキャッシングですが、こちらは銀行系と比べると少し利息が高く設定されていることがほとんどです。その代わり、各種サービスではより優れたクオリティを提供しているケースが多く、キャンペーン等にこの影響が濃く表れているでしょう。例えば、初回限定で利息が無料になったり、無人契約機を用意しているなどのメリットがあります。

一方銀行系のキャッシングでは、先ほど説明したとおり金利が低く設定されていることが多いため、多額の借り入れを申し込みたい方にオススメできるキャッシングです。また、お金の借入れには不安も付き纏いますが、銀行から借り入れるという安心感も兼ね備えているのです。

どちらが確実に優れている、というわけではないので、自分の借入れスタイルによってキャッシングを使い分けましょう。一般的に銀行系の審査が厳しいと言われてはいますが、結局は審査を受けてみないことにはわかりません。まずは、気になるキャッシングをリストアップしましょう。

キャッシングの本人確認は安心して大丈夫

キャッシングをする場合には当然審査に合格しないといけません。審査は安定した職に就いているかどうかがとても重要であり、サラリーマンなら多重債務者でない限りそれほど審査に落ちる可能性はありません。審査を行う上で本人確認をすることはとても大切な要件でありますので、きちんと本人確認を済ませないといけません。本人確認ができない場合には審査に不合格になってしまいます。

しかし多くの人は会社でキャッシングを利用していることを隠している人もいますので、自分がお金を借金していることについて後ろめたい気持ちがあります。会社の同僚にばれてしまうとあまり良い気分になれませんので、本人確認の電話がかかってきたときには、当然自分で出なければいけないことになります。

しかしそのようなことが出来ない場合もありますので、とても嫌な思いをする可能性があると感じているかもしれません。しかし最近はほとんど個人名で電話が会社にかかってきますので、キャッシングをしていることがばれてしまう可能性はなく、安心して審査に申し込みをすることが出来ます。同僚にばれることもなく気軽にキャッシングを利用することが出来ますので安心してください。多くの人が思っているほど問題になることはなく大丈夫であります。

すぐ借りたいならアコム※駅周辺でキャッシングできます!
http://www.thorgerdurolafsdottir.net/

学生でもキャッシングを利用することはできる?

学生は学費、家賃、光熱費だけでなく、友人との交際費やサークルのお金、就活費用など出費がかさみますよね。

アルバイト代だけではまかなえないかもしれません。

「親にも心配かけたくない」。

そんなときに頼れるのがキャッシングです。

学生でも借りられるキャッシング業者は多いのです。

しかしそれには条件があります。

まずは学生だったとしても20歳以上であること。

そして定期的な収入があることです。

定期的な収入は正社員などでなくとも、アルバイトや派遣社員でも審査に通過すると言われています。

「定期的に働いて収入を得ているので、返済能力がある」とキャッシング業者に思ってもらうことが重要なのです。

こうして信用を得て審査に通過したものの、やはり学生という点は考慮されてしまいます。

そのため正社員と比べると貸してもらえる金額は少ないと言っていいでしょう。

目安ですが、初回のキャッシング利用では30万円以下であることが多いそうです。

ただ、借りてちゃんと返す、という行為を繰り返していると貸してくれる金額が増えるとも言われています。

借りたあとはしっかりと返すのが大切。

滞納してしまうと今後の信用情報に響いてきます。

そのため返済シュミレーションをきちんとて、月々の返済額を確認した上で

計画的に借りるようにしましょう。

素早くて頼みになるプライバシー重視のモビット

モビットの魅力は、その名の知名度がとても高いというところです。数多くのローン会社がありますが、モビットはあの大手の三井住友銀行グループというところが魅力的なのです。安定性がありますし、信頼感が高いのも魅力の1つなのです。

アルバイトや主婦でパートをしている人、自営業の女性も安心して借りれるのです。WEBからの申し込みなら、最初から最後まで全てを人に合わずにできますから、まったく家族にもキャッシングしたことを知られずに済むというところも魅力的なのです。限度額は500万円までOKですし、65歳で収入が安定していれば借りることができます。最短で10秒という驚きの審査スピードは、この業界の中でも1位を争う速さなのです。

モビットなら、1ヶ月間に4回の返済日より自分が都合が良い日に返済できるのも良いところです。

Myモビという個人でネットから簡単にアクセスしては返済方法を変えたいとか、もっと他の返済回数にしたいという相談も気軽にできるのが便利です。気になる取引明細をじっくりと確認できますし、現在、どのような利用状況になっているかもいつでも確認することができますから、より計画性のあるキャッシングをしては自分なりの返済をすることができるのです。

とにかくもビットは郵送でDMや毎月の明細が自宅にと送られませんから、家族や恋人にも知られないのが魅力なのです。ネットから10秒で審査が完了するので、待ち時間も無く、ストレスがかからないのもモビットならではです。とても使い易い、利用者を考えているモビットが頼みになります。

キャッシングの増額を申し込むタイミングは?

お金が足りない時に便利なキャッシングですが、若い人や給料がそれほど高額ではない人にとって、利用限度額が少ないことに不満を感じる方も多いようです。

やはり、お金を不自由なく借りられることができれば、より快適に毎日を過ごせますが、収入額が少ないと返済の方が大変になります。
そういう場合には、キャッシングを増額することを検討することになると思います。しかしながら、むやみに限度額の増額申し込みをしても却下されたりする場合もよくあります。

その理由としては、キャッシングを利用し始めてそれほど期間がたっていなかったり、仕事を辞めてしまって収入額が申し込みの時よりも下がってしまったりする場合です。
ただ、これらの理由をクリアすることができれば、順当に利用できる金額を増額することができるようになります。

だいたいキャッシングを利用し始めてから1年程度経過したころに、再度増額申し込みをするとスムーズに審査が通る傾向にあります。
その間に、定期的にキャッシングを利用しながら返済を1度も遅延しないことが条件です。ここで返済が遅れてしまうと、増額できる可能性が低くなってしまいます。

しっかり借りて、ちゃんと返す人であるということが、利用状況で分かる1年程度が最適だということになります。